初めての人でも大丈夫!ペット火葬をうまく行うための基礎知識を詳しく解説

"

このサイトでは、ペット火葬をはじめて行う人のために基礎知識を紹介しています。
はじめてであれば、ペットの火葬はどのようにして行われるのか、どこで火葬してもらえるのか、火葬の参列者が守るべきマナーは?など分からないこともたくさんあります。
ここではペットの火葬に関する、そうした基本的な知識を解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。
事前に知識を持っておけば、ペットの供養も満足いくものになるでしょう。

"

初めての人でも大丈夫!ペット火葬をうまく行うための基礎知識を詳しく解説

"

ペットを家族として受け入れる人が増えてきた昨今、亡くなったペットのために火葬や葬儀を行うことが増えてきています。
ペット火葬は人間のように厳格にこうしなければいけないというものはありません。
そのため、後悔せずうまく火葬を執り行うためには基礎知識を持っておく必要があるでしょう。
ペット火葬の情報はインターネットから集めることができますが、効率よく集めるコツがあります。
同時にマナーも確認できるので参考してみましょう。

"

ペット火葬で実施される一般的な方法

"

ペット火葬は一般的に4つあります。
それぞれの特色がありますので、家族にとって最適なペット方法を選んでください。
費用が最も安いのが合同火葬です。
数匹で行うため、骨を手元に残したい方には向いていません。
骨を手元に残したい方は個別に対応してくれる方法がおすすめです。
個別一任火葬はスタッフへ遺体を預け、個別立ち会い火葬は家族立ち合いで行います。
小さな子供がいるなどでペットの死を見せたくないのであれば個別一任、最後までしっかり見届けてあげたいのであれば、個別立ち会いを選ぶと良いでしょう。
自宅まで専用の車がきてくれ、対応してくれるのが訪問火葬です。
煙や音など対策された車なので、近隣に迷惑をかける心配もありません。
車のサイズによっては、大きなペットに対応していないケースもあるので、事前に確認が必要です。
大切な家族との最後のお別れとなるペット火葬です。
家族で十分に相談して納得のいくお見送りを選んでください。

"

ペット火葬にかかる費用の項目と金額

ペット火葬では、状況に応じて費用の考え方が異なります。
まず、ペットの種類です。
例えば、小さな動物である場合にはそれだけ少額で済ませることができますが、大型になるほど基本料金が高くなる仕組みになっています。
また、ペット火葬の方法についても相場はかなり違います。
ペット火葬では、合同と個別の2種類の方法が存在することが普通で合同で行うときの方が金額は安くなります。
個別の場合は合同と比較して1.5倍程度の金額になるため、この点は注意が必要です。
もちろん、プランによってはそこまで差が存在しないケースもあるため個別具体的に確認していくことが非常に重要です。
さらに、費用の項目として重要なのが立ち合いなどに関する状況です。
人間と近い状態でペット火葬をしたいと考える場合には、立ち合いを行うプランも存在し骨を返還してもらうことも可能です。
実際に、この方法は最も金額が高くなる可能性があるため手厚い供養ができるものの予算を相談をすることが大切です。

ペット火葬が執り行われる場所の種類

"

ペット火葬が執り行われる場所には、公営火葬場と民間火葬場があります。
公営火葬場は各自治体が運営しているので、役所などで確認してみるといいでしょう。
ただし、公営火葬は供養ではなく処理という考え方なので、ゴミと一緒に燃やされる可能性もあります。
火葬場を設けている自治体でも、他のペットと一緒に火葬し、葬儀や納骨などはしません。
ペットの種類によって費用は変わりますが、2千円~5千円が相場です。
気持ちだけではなく形式的にもきちんと弔いたいというのなら民間火葬場がいいでしょう。
火葬に立ち会い、遺骨を受け取り、霊園に納骨することも可能です。
また、火葬車で出張してくれる業者もあるので、自宅で送り出したいという要望に応えることもできます。
公営のペット火葬にくらべるとサービスはいいですが、サービスの質や内容は業者によって異なります。
費用はペットの大きさやサービスによるので一概には言えませんが、例えば猫なら2万円前後、中型犬なら3万円前後が目安です。

"

ペット火葬の準備が整うまでの期間

ペット火葬の準備が整うまでは、どれくらいの期間があるのか誰もが知っておきたいところではないでしょうか。
内容にもよりますが、ペットの遺体は保って2日が良いところですから、亡くなってから2日以内に済ませられるように手配が進められるのが一般的です。
ただ、夏場は気温が高いこともあって遺体が傷みやすいので、1日以内にペット火葬ができるように対応が行われます。
しかし予約のタイミングによっては予約が埋まっていたり、準備が整うまでにプラス1日以上の日数が加算される可能性があります。
ペット火葬の準備期間は、業者の都合によって左右されますから、早く確実に火葬をしたいなら迷わず速やかに予約を入れたいものです。
問い合わせをして予約を入れて始めて準備が始まるので、そこから数えて2日以内に整うイメージです。
ペット火葬の数あるケースの中には、タイミング次第ですぐに準備が整うこともあるので、繁忙期を除けば案外それほど待たされずに済むのではないでしょうか。

ペット火葬が行われる日のスケジュール

ペット火葬を行う日のスケジュールですが、プランによって違いますが一般的な合同でのペット火葬だと他の動物と一緒に行うもので、申し込むと指定した日時に遺体を引き取るために業者の車が自宅へ訪問し、そこでペットとのお別れを終わらせてから、その後火葬・収骨・納骨まで依頼した業者へと任せて立ち合いなどはしません。
合同だと他の動物の骨と混ざるため飼い主の元に遺骨は戻りませんが、合同墓地には埋葬されるのでいつでもお参りは出来ます。
メリットは他の動物も一緒なのでペットが寂しい思いをしなくてすむことで、忙しくてお墓詣りが出来ない人も他に一緒に眠っている動物がいるので安心です。
次に個別の場合だと、遺骨を手元に置きたいときや自分でお墓に入れたいときに向いてます。
他の動物とは別に自分のペットだけ火葬してくれ、流れは合同と殆ど同じで申し込むと自宅まで遺体を引き取りにきてくれ、その後立ち合いはなしで火葬、収骨をします。
全て終わると遺骨を納めた骨壺が届きますが、費用は高めです。
大切なペットの遺骨が手元に戻るので、身近に感じていたい人にむいてます。

ペット火葬における遺骨の取り扱い

ペット火葬における遺骨の取り扱いについて。
ペットにおいては扱い方や供養などのやり方に決まりはありません。
骨骨をずっと家に置いておいても問題はないです。
ペット火葬・埋葬を考える場合は、四十九日・月命日・百日忌・一周忌・三回忌を間安に日時を決めるのも良いと思います。
自宅で保管する場合にいくつか注意する点があります。
まず初めに、湿気のある場所で保管しないことが挙げられます。
長期にわたって保管を行う際には第一に「カビの発生」に気を付けなければいけません。
具体的な場所といたしましては、「昼夜での気温差が少ない場所」や「直射日光を避けた暗めでかつ風通しが良い場所」、「湿気のない場所」などが推奨されます。
シリカゲル等の吸湿材で骨壺内の湿気を吸収させることや、テープで陶器と蓋を密閉させることなどもより良い状態で保存できる方法として挙げられます。
人間とは異なり、ペットの遺骨の取り扱いについては厳密な決まりなどは存在しません。
ご家族で話し合い、皆さんが納得のできる方法で取り扱うことが大切であります。

民間と自治体で異なるペット火葬の対応

ペットが永眠した時、小さな動物なら庭に埋めたりすることもできますが、火葬して霊園に納骨する人も多いものです。
ペット火葬は民間の業者に依頼するものだと考えがちですが、自治体で火葬を行っているところもあります。
ただし全自治体で行われているわけではなく、一般の業者ほど手厚い対応は期待できません。
やり方にはいくつかパターンがありますが、一番多いのは他の動物たちと一緒に焼却する「合同火葬」です。
「合同」なので立ち会いはできませんし、遺骨を返してもらうこともできません。
お骨は近くの寺院などで合同供養されることもありますが、高温焼却で骨が残らないケースもあるのです。
大事なペットの最期のお別れができないのが心残りかもしれませんが、そのぶん費用も安いので、庭に埋めたりするのは難しいという場合は依頼するのも一案です。
でも個別火葬をしていたり、合同・個別の両方を行っていてどちらかを選べるところもあります。
中には遺骨を返してくれるところもあるので、お墓に入れたかったり手元供養を考えているなら確認してみてください。
市区町村などが窓口にはなっているものの、ペット火葬を民間業者に委託しているところもあり、その場合は費用も割高になります。

合同形式のペット火葬を選択するメリット

ペットは人間と比較すると寿命が短いため、飼い主は自分が飼育していた動物の死に直面する機会は少なくありません。
以前であれば自宅の庭に埋葬するケースが多く、現在でも適切な処置をすれば土葬が認められていますが、庭の無い集合住宅に居住する飼い主が増えたことでペット火葬を行う人が増えています。
ペット火葬は人間の火葬と仕組みは同じであり、焼却して遺骨だけの状態にして埋葬するものですが、問題になるのは人間用の火葬場では温度が高すぎ、ペットの遺骨が完全に焼却してしまうということです。
このような理由からペット火葬は専門の施設が使われていますが、その数が少なく火力の調整など運用が難しいということから、その費用が高くなる場合があります。
他にも施設数が少ないのに利用者が増加していることで、飼い主の希望したような火葬が実施できなくなっています。
そのため、現在は複数のペットを合同で火葬する方法が行われるようになり、費用面でも飼い主の負担が軽減されるというメリットがあります。
感情的には他のペットと合同でする火葬に違和感を覚える飼い主もいますが、現在のように施設数が増えていないことを考えれば、この方法も受け入れるべきだと言えるでしょう。

個別形式のペット火葬ならではの特徴

ペット火葬で近年注目されている種類は個別形式になります。
ご依頼主のペットのみを火葬する方法であり、立会と一任の2種類があります。
立会は人間の葬儀と同じようにペット霊園にて行うものであり、特徴としてペット火葬はもちろんのことその後のお骨上げも立ち会うことができる点があげられます。
この方法は事前に予約が必要であり、早めに問い合わせをしないと希望する日に火葬できなくなってしまうことがあります。
そのためどこの葬儀会社に依頼をするかを早めに決定し、予約を早めに入れることが必要となります。
一任の場合はペット火葬場もしくは葬儀会社のスタッフはペットをお預かりし、火葬とお骨上げを代行する方法です。
ペットのお骨はその後個別募か合祀墓に納める、もしくは依頼主に返骨するかの方法を選択することができます。
現在のところ、ペット火葬を理由とした休暇の整備は整っておらず、仕事を休むのが難しいケースも多いです。
その場合に利用できる方法であり、忙しい人に受け入れられている特徴があります。

ペット火葬に関する情報サイト
ペット火葬の基礎知識
"

このサイトでは、ペット火葬をはじめて行う人のために基礎知識を紹介しています。 はじめてであれば、ペットの火葬はどのようにして行われるのか、どこで火葬してもらえるのか、火葬の参列者が守るべきマナーは?など分からないこともたくさんあります。ここではペットの火葬に関する、そうした基本的な知識を解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。 事前に知識を持っておけば、ペットの供養も満足いくものになるでしょう。

"

Search